首にきびとホルモンバランス

首にでるニキビは、頬 ニキビなど顔にできるそれと違って、ホルモンバランスが大きく関係しているといわれています。不規則な生活やストレスなどにより自律神経とホルモンの分泌が乱れると、肌のターンオーバーもまた狂っていきます。すると、古い角質などがはがれおちにくくなって毛穴につまってニキビとなってしまうのです。首のニキビが二十歳以上のいわゆる大人に多いとされるのは、社会人は生活のリズムが不規則になりやすく、かつまたさまざまなストレスにさらされることになるからです。首ニキビを改善、または予防したいのであれば、ホルモンバランスを整えるべく、生活習慣を見直したり、ストレス発散の方法を見つけておく必要があります。また、産婦人科などで女性ホルモンの分泌を正常化させる服用薬などを処方してもらうことでも、ホルモンバランスが整い、首ニキビは改善に向かっていきます。生理前はとりわけホルモンバランスが崩れやすい時期なので、そのような薬を頼ったり、注意して睡眠をたっぷりとったり、おおらかな心持ちで過ごすようにしましょう。首ニキビにくよくよ悩むとホルモンバランスに悪影響を与えて余計悪化してしまうこともありますよ。